宅地建物取引士資格の強み

不動産業界への就職や転職を希望する場合、国家資格である宅地建物取引士資格を持っていることが強みになります。
昇進や手当てなどで優遇されやすく、評価としても高い戦力と熱意の証しとして認められます。
そこまで厚待遇で迎えられる理由は、法律上の設置の義務付けや、この資格所有者でなければ行えない業務が存在しているからです。
宅地建物取引を行うためには、法律上、営業所内の人員の5人中1人は宅地建物取士でなければならないと定められています。
そのため不動産業務に携わっている企業としては、無くてはならない存在なわけです。
また、取引において重要な業務を行えるようになります。
業務内容は、取引相手との間で行う重要事項の説明、重要事項説明書への記名押印、契約書への記名押印になります。
これらの業務は、宅地建物取引士でなければ正式に遂行することができません。
宅地建物取引士は、不動産関係の法律のプロフェッショナルです。
その世界で生きていく上では、とても大きな武器になります。

浮気調査 神戸

ストーカー対策もアーチネクストへ
被害に合う前にご相談ください

不用品の回収・処分もお願いできます
遺品整理後に出たお品物をそのままお預かりすることができます

最新投稿